カート
北海道ローカルマーケット

北海道ローカルマーケット

商品をさがす
カテゴリからさがす
価格からさがす
読み物
ご案内
【チームヤムヤム】第3回:初雪から雪解けまでの不思議なカレンダー

【チームヤムヤム】第3回:初雪から雪解けまでの不思議なカレンダー

目次はこちら

阿部
『北海道版あいうえおつまみ表』の次に作られたのは、どんなアイテムだったのでしょうか?
学さん
最初に出店したスロウのイベントのときに、「あいうえおつまみ表だけじゃあ、ちょっとね」ってことで、急遽『十勝雪暦』というのも作ったんです。
えり奈さん
初雪から雪解けまでっていう、冬だけのカレンダーなんですけど。
阿部
冬だけのカレンダー?
学さん
これなんですけど。


 

えり奈さん
カレンダーの始まりは11月12日っていう中途半端な日付になってるんですけど、「雪が降るのはこの辺りかな?」みたいなところから始まって、「だいたいあの辺で溶けるかな」みたいな感じの3月31日で終わってるんです。
阿部
本当だ。それぞれの日に、イラストが描かれてるんですね。カレンダーが始まる11月12日は「遠くの山に雪」っていう冬の訪れを感じさせるようなイラストで、中盤になると「わかさぎ釣り」とか「スノーモービル」とか冬らしいイベントがあって、3月に入ると「雪捨て」とか「福寿草」とか春を感じさせる描写が並んでますね。
えり奈さん
こっちに来てから面白いなって思う十勝の冬の文化みたいのがたくさんあって、そうゆうのを一個一個入れていったんです。
阿部
「ブランコも雪囲い」とか「ソリで買いだし」とか、「外が冷凍庫」とか、どれも北海道ならではの情景描写ですね。
学さん
こっちって冬が長いから〝十勝の長い冬を楽しむためのカレンダー〟っていうコンセプトで、自分たちが面白いなって思ったものを入れていったんです。
阿部
これもアンケート方式でやったんですか?
えり奈さん
これは自分たちで見つけたものが多いかな。人から話を聞いたりもしたけどね。
学さん
うん、したよね。
阿部
これは毎年作られているんですか?
学さん
そうなんです。4年目くらいかな。
えり奈さん
絵を全部入れ替えてるわけではないんですけど、だいたい10個か15個くらいは新しいネタを入れつつ作ってますね。
学さん
子どもが小学校に入ってから、自分たちも触れる文化がちょっとずつ変わってきたんですよ。だから、そういうネタが増えていってます。
えり奈さん
そうそうそう、「スケートリンクづくり」とかね。子どもを通して知ることも増えるから。「スケートの靴ひも結び」とかは、すごくびっくりして。
阿部
「スケートの靴ひも結び」って何ですか?
えり奈さん
子どもの体育の授業に保護者が行って、スケートの靴ひもを結ぶんですよ。低学年だけらしいんですけど、なんかもうすごいなって思って(笑)。
阿部
へぇー、それは初めて聞きました。子どものスケート靴の紐を結ぶために、親が学校まで行くってことですもんね。
えり奈さん
そうそうそう、すごくないですか? なんかのんびりしてますよね(笑)。あとは、ベビーカーじゃなくてソリで子どもを運んでたりとか。そういう光景を見てて、本当にびっくりしたし、面白いなって思って。
阿部
それは、外の視点を持ってるからこその発見であり、面白さですよね。
えり奈さん
それはあると思います。
学さん
十勝の人は「冬は寒いから嫌い」って言ってる一方で、実はみんなけっこう雪が降るのを楽しみにしてるんですよ。
えり奈さん
そうそう、「雪虫見たよ!」って盛り上がったりね。
学さん
だから、冬ならではの楽しみを描いていくと、1日1日を追いながら楽しめるかなって。そうすると、長い冬がね、いつの間にか真ん中まできてたとかね。
阿部
なるほど! 数字ではなくて、視覚的に冬の長さが感じられるんですね。
えり奈さん
そうなんです。あとは、一応縦軸がざっくりとした気温になっていて。
阿部
あぁ、本当だ。縦軸に気温が書いてある。一番下の枠が、その時期の気温を表してるってことですね。


 

学さん
ざっくりですけど、だいたいこの辺から寒くなっていくとか、だんだん暖かくなってくるとか、ってのをデザインとして表してます。
阿部
だから、真っ直ぐじゃなくて上がったり下がったりしてるんですね。
えり奈さん
そうなんです。これも毎年スロウのイベントに出してるんですけど、他の仕事が忙しくて作るのが間に合わなかった年があったんですよ。そしたら、お店を覗いてくれたおばあちゃんに「いつも出してる冬のカレンダーはないの?」って聞かれて。それからは、毎年ちゃんと作ろうと思いました。待っててくれる人がいるっていうのが、嬉しくて。
阿部
あえて冬だけにすることで、風物詩になっていったんですね。
学さん
だけど、一応冬と対応するものとして夏だけカレンダーも作ったんですよ。
阿部
あ、あるんですか。
学さん
ただ、日付は冬とは繋がってなくて、空白の期間があるんですけど(笑)。


 

阿部
本当だ。4月22日の「キタコブシ」から、8月27日の「紅葉」まで。
えり奈さん
夏はちょっと短いんです。
阿部
あ! カレンダーの横幅が、冬暦よりも短い!

阿部
並べてみると、十勝の冬の長さと、夏の短さが視覚的に感じられるんですね。
えり奈さん
そうなんです。で、夏は焼肉をメインにしていて。
学さん
十勝の夏は、だいたい外で焼肉をしてるんですよ。
阿部
そうなんだ(笑)。確かに、「軍手」とか「肉屋のジンギスカン」とか、あとは炭火で何かを焼いているイラストが多いですね。4月24日には「ホーマック(道内各地にあるホームセンター)」もあるじゃないですか(笑)。
えり奈さん
そうそうそう、この時期に行きますねホーマック。
阿部
焼肉用の網を買ったりとか?
えり奈さん
そーそーそー! みんな4月の終わりくらいに買うんです(笑)。
学さん
「夏が待てない」みたいなね(笑)。春は焼肉のためにお父さんが張り切ってる光景なんかを、よく見ますね。
阿部
面白いなぁ。
学さん
今日は…「豚ジン」の日ですね。
えり奈さん
豚ジンギスカン!
学さん

終わったら、焼きますか(笑)。

 

一同:(笑)

 

ーーー>第4回:親のイタズラから生まれた『アスパラベーコン自由帳』

 

関連記事

メルマガ会員募集中!

北海道の暮らしと魅力を、
店長・じんちゃんがお届けします